NTRsupport お問い合わせはこちら 電話 03-5432-7275
NTRsupport概要 機能一覧 プランと価格 導入事例
 トップ > 機能一覧 > セキュリティ
機能一覧
NTRsupportの機能概要
NTRsupportの機能一覧
セキュリティ
動作環境
お申し込みはこちら
セキュリティ
通信データのセキュリティ
パスワードの暗号化  
  NTRsupportのセキュリティの高さを示すものに通信データの暗号化があります。
それは、ログインの認証時から始まります。オペレータが入力したパスワードはそのままではサーバに送られません。オペレータのPCでパスワードによって生成された暗号キーを利用して、暗号化されたパスワードテキストを送ることにより、オペレータの認証を行います。
メッセージの暗号化
  NTRsupportのコミュニケーションは、常にサーバ経由で行われます。オペレータがメッセージを書き込むと、自分のPCで暗号化されてサーバに送られます。
オペレータのパスワードはこのメッセージを暗号化するためにも使われます。サーバはメッセージをデコードし、お客さまにもランダムに割り当てられたパスワードを使ってそれを再びコード化したものを送ります。このように、NTRsupportのメッセージを傍受することは非常に困難です。
データベースの暗号化
データベースにも、データは暗号化されて格納されます。パスワードやメールアドレスと同様にメッセージをコード化する際、異なるセキュリティ・アルゴリズムがレベルを変えて使用されます。管理者が会話をチェックする際には、PC上に表示される時にデコードされます。
SSL接続も可能
  このようにNTRsupportは高いセキュリティによって守られていますが、さらに高度なセキュリティが必要な場合は、オペレータとお客さまのやり取りをSSL(セキュア・ソケット・レイヤー)接続するだけでなく、全体のシステムをSSLチャネルで利用することができます。また、NTRsupportの管理もSSL接続が可能です。
セキュリティオプション
  オペレータ/カスタマーアクセスのIP制御、カスタマー遮断、不正ログイン制御を設定することが可能です。

更新可能なセキュリティ・アルゴリズム
NTRsupportは、使用の強度と簡易性から最適なセキュリティ・アルゴリズムを使用しています。
それでも、さらに高いセキュリティを望む場合は、カプセル化のコンポーネントによって、このコード化アルゴリズムを実質的に変更することも可能です。
※利用にはライセンス版の利用でカスタマイズが必要です。詳しくはお問い合わせ下さい。

リモートコントロール機能ISDのセキュリティ
リモートコントロールは256-bitのAdvanced Encryption Standard暗号を使用して、TCP接続によってパケットを送り受け取ります。このプロトコルは送る前にパケットを圧縮しコード化し、認証過程を含んでいます。各TCPパケットは、TCPデータとは別に、確実性を保証するために送信側および受信側に関係のあるデータを含んでいます。
上記に加え、ラインダール暗号化アルゴリズムをリモートコントロール接続に追加しました。
リモートコントロール・セッションが終了する場合、サーバはオペレータとクライアントの間の橋渡しの役割をするだけで、リモートコントロールのセッションの開始と終了の情報だけを記録し、リモートの内容は一切記録しません。
動作環境
企業情報 採用情報 個人情報保護について サイトマップ (C) INTERWORK Corporation All rights reserved.